借金の返済に悩んでいるのなら『無料借金減額シミュレーター』を使おう!

月々重くのしかかる借金の返済。
借金したのは良いけれど、借金の返済に生活費すら切り詰めなければならない……。

借金返済のシュミレーションをしよう!

そんな苦しい借金ですが、実は減らすことが出来るってご存知でしたか?

 

「えっ、借金って減らせるの!?」

 

と思ったアナタ、借金の返済で苦しんでいるのなら、一度『無料借金減額シミュレーター』を使ってみませんか?

 

 

オンラインで簡単『無料借金減額シミュレーター』の特徴

そもそも「借金をしている」ということを、誰にも知られたくない人も大勢いらっしゃいます。そのため、弁護士や司法書士に借金の返済について相談が出来ず、まじめに借金を支払って苦しい生活を送っているという方も少なくありません。

 

無料借金減額シミュレーターがおすすめ

そんな方でも、24時間気軽に使うことが出来るのが『無料借金減額シミュレーター』です。すでに多くの方が、この『無料借金減額シミュレーター』を使って借金を減らし、借金を完済しました!

 

それでは『無料借金減額シミュレーター』の特徴について、詳しく解説して行きたいと思います。

 

 

『無料借金減額シミュレーター』は匿名性を持ったまま24時間相談OK!

『無料借金減額シミュレーター』は、サイト上から必要な項目を入力し、登録したメールアドレスに、自分の借金の返済にあったプランを教えてくれるシミュレーターです。

 

インターネット上から利用することが出来るため、24時間いつでも好きな時に、誰にも知られることなく、借金減額相談をすることが可能です。

 

『無料借金減額シミュレーター』の利用の際に登録が必要な情報は以下の通りです。『無料借金減額シミュレーター』をこれから利用しようとする際には、以下の項目に関する情報を準備しておきましょう!

 

【無料借金減額シミュレーターの登録情報】

  • ニックネーム
  • 自分が住んでいる都道府県
  • 借入件数・借金総額
  • 毎月の返済額
  • 住宅ローンの有無・滞納歴の有無
  • 過去に完済した借金の有無
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 質問事項 ※あれば

 

自分の借金のことですが、借入件数・借金総額や過去に完済した借金については忘れてしまいがちです。事前に、これらの項目について準備しておけば、スムーズに必須項目を登録することが出来ます。

 

そして、これらの項目を入力後、登録したメールアドレス宛に24時間以内に『無料借金減額シミュレーター』に登録している弁護士か司法書士からメッセージが届きます。

シュミレーションで借金返済の目途を!

 

そのメッセージの中に、アナタの借金に合わせた減額プランが書かれており、そのプランに沿って借金の減額をしたい場合は、受診したメッセージの中にあるメールアドレス等に返信を行えば、そのままスムーズに、借金減額の相談が出来るシステムになっています。

 

また、匿名性も守られており、実際に借金の減額請求を行わない場合は、アナタの個人情報が電話番号、メールアドレス以外は知られることはありません。実際に、この『無料借金減額シミュレーター』を使った人の約80%が、借金の減額に成功しているそうです。

 

なお、『無料借金減額シミュレーター』による診断は無料です。

 

街角法律相談所

 

※『無料借金減額シミュレーター』では闇金による借金の支払い相談の受け付けは行われてはおりません。

 

 

『無料借金減額シミュレーター』がオススメな人

住宅ローンの返済が重い

『無料借金減額シミュレーター』は手軽に、借金の減額を相談出来るサイトです。

それでは、どんな人が『無料借金減額シミュレーター』に向いているのでしょうか?

【無料借金減額シミュレーターの使用がおすすめの方】

  • 借金の総額が100万円以上の方
  • 複数の会社から借金をしている方
  • 住宅ローンの支払いで苦しんでいる方
  • 消費者金融の支払いで苦しんでいる方
  • 銀行のローンの支払いに苦しんでいる方
  • クレジットカードローンの支払い苦しんでいる方

買い物でのローンがきつい

『無料借金減額シミュレーター』は100万円以上の借金を抱えている方におすすめです。残念ながら100万円以下の借金に関しては、減額出来る金額が少ないので、『無料借金減額シミュレーター』を使って減額するのには向きません。

 

また借入件数が多い方もおすすめです。借入件数が1件だけでも、『無料借金減額シミュレーター』に相談して借金の減額を行うことが出来ますが、複数の会社から借入されている場合でも借金を減額することが可能です。

カードローンの返済を減額

「借金」と聞くと消費者金融からだけの借入だけのように思えますが、『無料借金減額シミュレーター』では消費者金融からの借金だけでなく、住宅ローンや銀行のローン、クレジットカードローンなどの総合的な借金の減額にも対応しているので、とりあえず100万円以上の借入があり、その借入の返済で苦しんでいる方は無条件に『無料借金減額シミュレーター』で借金の減額が期待できます。

 

ただし、個人間の借金のやり取りや闇金からの借入に関しては、『無料借金減額シミュレーター』の対応外なので、直接弁護士か司法書士に相談した方が良いでしょう。

 

 

『無料借金減額シミュレーター』よる3つの借金減額方法

弁護士さんが借金返済をシュミレーション

『無料借金減額シミュレーター』の仕組みはわかったけれど、どうやって借金を減額するかわからない、そんな方のために『無料借金減額シミュレーター』を通して、借金を減額する仕組みをご紹介したいと思います。

 

なお、『無料借金減額シミュレーター』を利用して借金を減額する際に、アナタがやることはほとんどありません。

 

すべては、アナタが依頼した弁護士か司法書士が、書類の手続きや借入会社との連絡をやってくれるので、アナタがやることは依頼した弁護士か司法書士に手数料を支払い、減額された借金を支払うだけです。

 

 

【無料借金減額シミュレーターによる減額@】『任意整理』

借金の減額方法としてポピュラーな方法の1つが、『任意整理』です。
任意整理は借金の減額の中でも、もっともポピュラーな借金減額方法です。借金のもともとの金額を減らす方法ではなく、借金によって増えてしまった金利の支払いをゼロにするのが、任意整理です。

 

借金の支払いの際に、やっかいな金利ですが、借金額が多いと金利は払えても借金の元金は支払えず、金利だけ支払い続けてしまう状況になってしまうことがあります。

借金返済の方法として任意整理

その金利の支払いをゼロにし、さらに利息制限法引き直し計算によって、これからの借金の支払いを減らすことも可能です。この任意整理に過払い金請求も組み合わせることによって、大幅に借金を減額させることが可能な場合も!

 

なお、任意整理の際には裁判所は関与しないため、自己破産のように裁判所に書類を提出する必要はないため、信用情報が傷つくことはありません。

 

【任意整理のメリット】

  • これからの金利の支払いをゼロに
  • 利息制限法引き直し計算によって借金の元金を減額
  • 過払い請求も組み合わせることによって大幅に借金を減額できることも!
  • 裁判所に書類を提出する必要がないため信用情報が傷つかない


【任意整理のデメリット】

  • 借金はゼロにはならない
  • 金利の支払いはなくなっても、借金の支払いは続く
  • 一括返済による減額が必ずしも出来るわけではない

 

 

【無料借金減額シミュレーターによる減額A】『個人再生』

『個人再生』が任意整理と自己破産の中間にあたる制度であり、条件によっては借金の減額と金利の支払いを減らすことが出来ます。

 

自己破産とは異なり、借金がゼロにはなりませんが、借金を減額することが可能であり、最大で借金を5分の1にまで減額することができます。例えば、借金の総額が1000万円だった場合は、200万円まで借金を減らすことが可能です。

 

借金返済の方法として個人再生

また、借金の支払いペースによっては、長期の分割払いにしてもらうことが可能なので、借金の支払いが現状よりも楽にすることが出来ます。だから、借金の総額が多く自己破産はしたくない、という場合は個人再生がぴったりなのです!

 

なお、個人再生を行う際には、裁判所に再生計画を提出し、その再生計画が許可された場合に限り借金の減額が可能です。借金の再生計画にもとづいて、減額した借金に関しては、3〜5年にかけて支払う必要があります。

 

【個人再生のメリット】

  • 借金と金利の支払いを減らすことが出来る
  • 借金の支払総額を最大で5分の1に減らすことが出来る
  • 通常の借金返済と異なり給料差し押さえをされる心配がない
  • 自己破産とは異なり自分の資産(車や家)を手放す必要がない


【個人再生のデメリット】

  • 裁判所に再生計画を出さなければならないため、信用情報が傷つく
  • 借金は減額出来ますが、借金をゼロにすることは出来ない
  • 借入が今後約5〜10年間できなくなる
  • ブラックリスト入りしてしまう

 

 

【無料借金減額シミュレーターによる減額B】『自己破産』

借金を減額する方法の1つとして、有名な方法が『自己破産』です。
自己破産は、その他の借金減額方法とは異なり、借金をゼロにすることが出来る借金の減額方法です。

 

借金返済の方法として自己破産

自己破産は裁判所に「破産申立書」を提出し、「免責許可」をもらって借金をゼロにするという方法ですが、自己破産が出来るのは借金の支払いが不能になった場合のみなので、誰でも自己破産が出来るというものではありません。

 

多すぎる借金で、首がもう回らない……そんな人の最後の手段が自己破産です。

 

借金の支払い不能かどうかは債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断され決まります。なお自己破産は1人につき1度しか出来ません。

 

【自己破産のメリット】

  • 借金も金利も支払いをゼロにすることが出来る
  • 自己破産後は給料の差し押さえ等はできなくなる


【自己破産のデメリット】

  • 自己破産後5〜10年は借金の借入が出来ない
  • 免責決定を受けるまで働けない業種がある
  • 個人の信用情報が傷つけられる
  • 個人の資産を手放すことになる

 

 

最低限の知識を知って賢く借金減額を!

『無料借金減額シミュレーター』によって行うことが出来る、借金の減額方法は上記の3つです。

 

その中から司法書士か弁護士から提示される複数のプランがありますが、『個人再生』や『自己破産』はその後、しばらくは借金ができなくなるので、安易な気持で選択すると将来的に痛い目にあってしまうことも……!

 

だから、『無料借金減額シミュレーター』によって提示されたプランをそのまま受け入れるのではなく、自分の将来のことも考えて、自分に相応しい借金の減額方法を選んでください。

 

 

弁護士・司法書士よりも『無料借金減額シミュレーター』がお得なワケ

『無料借金減額シミュレーター』は無料で借金減額に対する相談が出来るサイトですが、人によっては実際に弁護士にあって債務整理を依頼したい、という人もいらっしゃることでしょう。

 

確かに信頼できる弁護士さんと面と向かって、相談した方が安心して借金の減額に対してアドバイスを貰えるように思えますが、実はそうではありません!

 

 

『無料借金減額シミュレーター』と弁護士・司法書士比較

無料借金減額シミュレーター 弁護士・司法書士に依頼する
相談費用 無料 有料
予約の有無 不要 必要
スピード はやい はやい
金額 ふつう 高い
サービス範囲 借金減額のみ 広い

 

『無料借金減額シミュレーター』は、相談費用ゼロ円で借金減額に対する相談が可能です。しかし、弁護士や司法書士に相談する場合は、実際に事務所に出向き、相談しなければならないため、相談費用がかかります。

 

また同様に、弁護士や司法書士の事務所に相談に行く際には、相談予約をしなければならないため、『無料借金減額シミュレーター』に比べて手間がかかります。

 

『無料借金減額シミュレーター』も弁護士・司法書士に借金の減額を依頼する際にも、対応スピードはどちらもはやいため、時間に関しては帰任する必要はありません。

 

実際に依頼する金額は『無料借金減額シミュレーター』と弁護士・司法書士の場合は、弁護士・司法書士の方が人件費がかかる分、支払い金額は高めです。

 

ただサービス範囲は『無料借金減額シミュレーター』は借金の減額だけに限りますが、実際に弁護士・司法書士に依頼する際には、闇金などの『無料借金減額シミュレーター』での減額では対応できない依頼に対しても、対応することが可能です。

 

『無料借金減額シミュレーター』への依頼も弁護士・司法書士への依頼も、それぞれ良さがありますが、単純に借金を減額したいのなら、わざわざ手間もお金もかかる弁護士・司法書士に依頼するよりも、『無料借金減額シミュレーター』に借金の減額を依頼した方が良いでしょう。

 

 

借金の減額ってどれくらいから?借金減額を考えるべき金額

『無料借金減額シミュレーター』では、低い金額の借金の返済も承っています。あまり知られていませんが、借金額が小さくっても『任意整理』によって、金利や借金の支払いを少なくすることが出来ます。

 

例えば、10万円のクレジットカードの支払いがキツイ場合は、任意整理によって金利をゼロにし、一括払いか2回の分割払いに設定し直すことも可能です。

 

ただ、その際にかかる弁護士費用などの着手金のことを考えると、あまりにも安い金額で借金減額をするのは"損"になってしまいます。

 

最低でも『無料借金減額シミュレーター』を利用して、借金を減額したいのなら、先にご紹介した通り100万円程度、まとまった借金になってからの方が、着手金や成功報酬と言ったコストのことも考えるとお得でしょう!

 

また、『個人再生』や『自己破産』は借金の金額が安すぎる場合は、行うことが出来ないことがあります。

 

 

『個人再生』の最低借金額

借金の金額を最大5分の1にすることが出来る『個人再生』ですが、100万円以下の借金だと個人再生は、ほとんど意味がありません!

 

なぜなら、人再生のルールとして100万円以下の借金は、減額できないという仕組みになっているからです。残念ながら個人再生では、最低でも100万円は自分で支払う義務が残ってしまうので、100万円以下の借金は対応することが出来ません。

 

だから、個人再生の場合の最低借金額は100万円以上からなのです!

 

ちなみに100万円以下でも個人再生の手続き自体は可能です(意味はありませんが……)。

 

 

『自己破産』の最低借金額

借金をゼロにすることが出来る自己破産にも、実は最低金額はありません。
自己破産は借金額とは関係なく借金の支払い能力があるかどうかが重要なポイントです。

 

裁判所が「借金の支払い能力がない」と判断すれば、10万円でも自己破産は可能ですが、少ない借金で自己破産を選ぶにはデメリットが多きすぎるので、借金額が100〜300万円以下の場合は、自己破産という選択は選ばない方が良いですよ!

 

なお、生活保護受給者などが借金をした場合は、50万円でも自己破産の申請が通る場合があります。

 

 

とりあえず借金のことで悩んでいるなら『無料借金減額シミュレーター』で相談を!

借金の減額について、いろいろとご紹介させて頂きました。

 

アナタが思っている以上に、借金の減額はカンタンに出来るので、借金のことで苦しんでいる方は、『無料借金減額シミュレーター』で一度、無料ですし自分の借金のことを相談されてみてはいかがでしょうか?

 

街角法律相談所

法的な借金返済方法とその特徴

債務に悩む方が大変多いのは今も昔も変わらぬ特徴です。自分の収入の範疇で適切な人生を楽しんでいくことは当然の事ですが、長い人生、自分の想定外のトラブル等に巻き込まれる事も当然ですが、多いのです。自分の好きな商品を購入したりサービスを受ける事は多くの方にとって喜びでもありますが、お金は有限です。その有限なお金をいかに上手く活用するかどうかは大変重要な事となるのです。自分の金銭の尺度を考えない無駄な老舗や遊興あ時に重大な経済的な問題を起こすのでその点に関しては十分な注意を払っていく必要があるのです。借金を抱える事となった場合は速やかに専門家である弁護士や司法書士等に相談を行っていく必要があります。自分の好きな事を行っていく中で抱えた負債です。しかし、理由如何によっては取りうべき方法も大きく変わったくるので、自分いとって最適な方法を選らんで失敗と後悔の少ない借金返済を行っていきましょう。自己破産や個人再生等、このような専門用語は普段から耳にする方も大変多いのではないのでしょうか。自分のお金の管理を適切に出来ない理由と対処方法は大きく関係していきます。自己破産は債務の弁済効果が一番高いのですが、これは債務超過に陥った理由が通常の健全な生活を行っていたにも書かわわず債務超過となった場合に限られます。多くの方が債務超過に陥る最大の理由はやはり、ギャンブルや遊興等、これらの射幸的行為に自分の金銭を多く投下してしまった場合なのです。このような方は債務の全てを帳消しにする事は難しいですが、その多くを減らす事お可能となるのです。個人再生は自分の債務をかなりの割合で減額が可能となるので、債務に苦しむ方が人生の再起をかけるには間違いなく有効な手段となりえます、いずれにせよ債務整理の目的がその後の健全な人生の回復である以上、その後の人生のあり方に関しては自分の責任できちんと歩んでいく事が大変重要な事となるのです。

 

 

 

借金返済の計画を立てて効率よく完済するコツとポイント

借金返済は計画を立てないとなかなか終わりません。
そもそも借金をするときはお金に余裕がないわけですから、借りても簡単に返せるはずがないのです。
借りるよりも返すほうが数倍大変なので、効率よく完済するためのコツを抑えておく必要があるでしょう。

 

借金返済がスムーズにいくかどうかは、借入時に9割決まると考えてよいです。
たくさん借りてしまえば苦労しますし、少なく借りれば楽に返せるのです。
多めの限度額があれば安心と考える方は多いでしょうが、限度額に余裕があると借りたくなってしまいます。
限度枠の半分しか使わないと自制をしても、まだ枠に余裕があるという頭があれば借りたくなるのが普通です。

 

計画的に借りるためには、事前のシミュレーションが必要となるでしょう。
効率よく完済するには返済回数を少なく抑える必要があるので、理想は一括返済をすることです。
ローンは日数に応じた利息が発生するので、1日でも早く返したほうが得なのです。
同じ金額を返済する場合、返済期間が1ヶ月と3ヶ月では利息に3倍の差が生じてしまいます。

 

短期間で完済するコツは、3回以内で返済すると決めておくことです。
そうすると自然に借入できる限度額が見えてきますし、なにより返済回数が少ないと低リスクです。
長期返済になるほど遅延のリスクが大きくなるので、いかに短期間で返済するかが重要となります。
借金返済計画は金融機関のWEBサイトで行うことができるので、返済回数・毎月の返済額などを模索しておきましょう。
毎月の返済額は少ないほど楽ですが、返済回数が増えるので多くの利息を支払うことになります。
総支払い利息を増やさないためには、短期間で完済するのがコツです。
場合によってはローンを一本化して、利息を抑えていくことも大切でしょう。
利息の支払いが多くなってしまう要因には高金利があるため、今より低金利のローンを見つけて乗り換えましょう。
銀行ローンは全般的に低金利なので、消費者金融から乗り換える方が多いです。

 

 

 

借金返済の第一歩は一本化!そのメリットデメリット

借金返済が厳しいと感じたら、債務整理の前に一本化を検討してみましょう。
債務整理をすると必ずブラックリストに載りますが、一本化なら何らペナルティはありません。
そもそも借金はあるとき急に返済不能に陥ることは少なく、段階的に返済が厳しくなっていくはずです。
厳しいと感じたときに第一歩を踏み出せば、債務整理をすることなく解決できることが多いです。

 

一本化には大きなメリットがあり、なにより借入先が減ることで借金返済計画を立てやすくなります。
借金返済が厳しい方は、借入先が3件以上あることが少なくありません。
総量規制が誕生したことで、以前のように5社以上から借りる方は少なくなっていますが、まだまだ3件くらいから借りている方は普通にいます。
借入先が多くなるほど、どのローンを優先的に返済すればいいのか迷うものです。
これらを一本化すれば、一つのローンだけを集中して返済すればいいので非常に楽になります。
さらに低金利で借りることができれば、さらにメリットは大きくなります。
消費者金融から銀行ローンに借り換えするだけでも、数%は金利が低くなるのです。
低金利になるほど毎月の返済は楽になるので、ローンを一本にするなら借入先の金利にこだわりましょう。

 

一本化することにデメリットは特にありませんが、低金利になることによる甘えには注意してください。
低金利になると毎月の返済額が減るので、再び追加融資を受けてしまう方がいるのです。
ローンをまとめることで総支払い額を減らすことは可能ですが、借入れた元金自体は1円も減りません。
債務整理は借入金を圧縮することが可能ですが、一本化をして減らせるのは元金ではなく利息なのです。
せっかく一本化しても返済期間を延ばしてしまえば、結果的により多くの利息を支払うことになりかねません。
借金返済を楽にするためにも、返済期間は極力短く設定したいものです。
生活費にムダがないか洗い出してみて、ムダがあれば節約して返済に回しましょう。

 

 

 

最短での借金の完済には、返済と貯金はどちらが優先?

借金を最短で完済したいと思ったら、言うまでもなく手持ちのお金は貯金よりも少しでも多く返済に回すべきです。その理由は、金利にあります。たとえば数ある預金商品の中では比較的高金利と言われているインターネットバンクの五年ものの定期預金などでも、金利は実質年率1%にさえ遠く及ばないのが当たり前です。
それに対してネットバンクのカードローンなどの金利は、実質年率1%を軽く超える高い水準なのです。ゆえに手持ちのお金を貯金に回しても、得られる利息は微々たるものにしかなりません。しかし、返済に回せば結構な利息の節約になるのです。ですから借金返済を一日でも早く終わらせたければ、とにかく毎月せっせと返済に励むのが基本なのです。
たとえリボルビング払いによるミニマムペイメントで毎月少しずつ返している借金でも、少しでも余裕のある月には貯金に回すのではなくて、積極的に繰り上げ返済を行うのです。そうすれば、その分、完済の日は確実に早くやって来ます。この繰り上げ返済が多ければ多いほど、目に見えて借金は少なくなってゆくのです。
ただし借金返済中の生活というものは、ちょっとした金欠でも大きな支障が出てしまう場合もあります。ですから可能な限り手持ち資金を返済に回すとしても、いざという時のために、少しは貯金しておかなければなりません。その辺は常識の範囲内で加減しておきましょう。
もしも毎月、生活費に少しの余裕も無い状態では先が思いやられます。そんな状態では冠婚葬祭などの突然の出費などがあったらお手上げです。それに人間、誰しも時には怪我や病気で医療費がかかってしまうこともあります。そんな時のために、必要最低限の貯金はしておかなければなりません。
特に独身者ではなくて既婚者なら、自分のことよりも家族のことを考えて、毎月の生活費には少しは余裕をもたせておくようにすべきです。ですから最短で借金を返済したいと思っても、家族が困らないように経済的に配慮はしなければならないでしょう。

 

 

 

借金返済のための弁護士を探すおすすめの方法は、無料シュミレーターを利用すること!

借金返済は、ライフスタイルの改善には欠かすことのできない要素です。お金は毎日必要となるものですが、月々の支払いに追われていると、使える金額が少なくなってしまい、多くのことを諦めなくてはならなくなります。それでは生活に張り合いを無くしてしまい、仕事にも身が入らなくなります。すると、収入も減っていくようになり、さらに月額の返済の負担が重くなってしまうのです。こうした悪循環を断ち切るためには、法律に基づいた借金返済の方法を、採用するべきです。
そして、法律に関する手続きは、専門的な知識がないと、どうにもなりません。そのため、弁護士を代表とするプロフェッショナルに依頼することが、問題解決へのもっとも有効な手段となります。しかし、常日頃から弁護士に親しんでいるといった人は、決して多くありません。いざ探すとしても、どうやって見つければいいのか分からないというのが、実情といえるでしょう。加えて、弁護士といっても得意とするジャンルは様々で、債務に関する事柄に強い人もいれば、交通事故や離婚といった問題を専門とする人もいます。もし、借金返済の相談を、離婚問題専門の弁護士にするようでは、ミスマッチが起きてしまい、十分な結果が得られなかったり、そもそも断られたりする可能性もあります。弁護士を探し出すだけではなく、自分に合った相手を見つけることもまた、重要となるのです。
そこで活用したいのが、無料で利用できるシュミレータです。これはインターネットを介して使えるもので、自身の債務額などのデータを入力することで、それに応じた解決方法を提示してくれるものです。同時に、専門的な知識を持つ弁護士も紹介してくれますので、スムーズに問題解決への糸口を探ることができます。しかもインターネットですから、24時間いつでも、そしてどこからでも利用できます。借金返済に苦しんでいるならば、まずは無料シュミレータを利用して、生活改善を図っていきましょう。

 

 

 

借金返済の無料相談できる弁護士の探し方

借金を返済できなくなったら、そのままにしてはいけません。
放置して時効に持ち込もうと考えている方もいますが、そう簡単に時効にはなりません。
キャッシングは5年間で時効となりますが、それは時効の援用という手続きをした場合に限られます。
この手続きをせずに放置しても、利息は加算されていくだけです。
なによりも放置しておくことに罪悪感があり、安心して毎日を過ごすことなどできません。

 

借金返済が自力で無理な状態に陥ったら、すぐに弁護士の無料相談を受けるべきでしょう。
ほとんどの大手法律事務所は無料相談を基本としていますが、大手以外には有料とするところもあります。
無料相談ができる弁護士の探し方は、WEBサイトを利用した方法がベストです。
相談では具体的な方法を詰めていき、その方法に合意したら債務整理を依頼することになります。
借金返済ができない状態に陥っている場合、債務整理と過払い金請求をするしか方法はありません。
過払い金が発生している場合は、現在の借金と相殺をしてから債務整理が必要かどうか考えていきます。
長期にわたって消費者金融を利用していた方だと、100数十万円も過払い金が戻ってくるケースは多々あります。
そのまま放置しておくと最終契約から10年で過払い金は無効になってしまうので、それを避けるためにも早めに相談しましょう。
すでに全額の借金返済が終了した方でも、過払い金回収をすることは可能なのです。

 

弁護士の無料相談を受けて、あとは自力解決するという事例はほとんどありません。
ほぼ100%の確率で債務整理、または過払い金請求を依頼されています。
借金は放置すると遅延損害金が発生するので、1日も早く完済していく必要があるのです。
すでに延滞している状態なら、すぐに弁護士に相談するべきでしょう。
最近の弁護士はサービス業を徹底意識する方が多く、昔のように高圧的な態度をとってくる方は少ないです。
借金返済がすでに不可能、または完済まで時間がかかりすぎる、といった方は相談を考えるべきでしょう。

 

 

 

借金返済は誰にもバレず内緒で完済できる?コツと手続きについて

借金をする理由は人によって様々です。
住宅ローンや車のローンのような借金は利用する人も多く、借金をしている事を内緒にしておきたいと考える人は少ないでしょう。
それに対して、カードローン等の借金は周りに気付かれないように利用し、そして完済をしたいと考える人も多くなってきます。
家族や周りの人に気付かれずに借金返済をしたいと考えた場合、最初の手続きが重要になってきます。
通帳を誰にも見られないという人であれば口座引き落としでも問題はありませんが、家族が通帳を目にする機会がある人等、通帳が人目に触れてしまう可能性がある人の場合、口座引き落としにすれば、通帳の記載によって借金がバレてしまう事になります。
バレないように利用したいのであれば、こうした記録が残らないようにしておく事が重要になってきます。
通帳に記録を残さないように返済をする為には、ATMを使った返済が便利です。
ただ、注意をしておかなければいけないのが、返済の遅れです。
バレないようにしたいと考えた場合、遅れずに返済をするというのもコツのひとつとなります。
返済が遅れると、業者から返済に関する連絡が来る事になります。
以前のように、自宅まで押しかけて無理に返済を迫る、近所にも分かるような形で返済を迫る事はありませんが、電話や郵便物によって借金に気付かれてしまう事は少なくありません。
ですから、遅れずに返済するというのはとても重要なポイントとなってきます。
万が一、遅れそうになった場合は、そのまま放置せず、業者に連絡を入れておく事が大切です。
そして、可能であれば、一括返済や繰り上げ返済を行い、少しでも早く完済をするようにしておく事がおすすめです。
それにより周りに気付かれないまま借金を完済する事が出来るようになるだけでなく、支払う利息も少なくて済む事になります。
周りの人にバレない状態で借金を完済したいと考えるのであれば、こうした事に注意して返済をしていく事がおすすめです。

 

ローンシミュレーションの使用方法

ローンシミュレーションの使用方法はどんな感じなのでしょうか。実際に住宅保証機構株式会社の住宅ローンシュミレーションを例にしてみました。住宅ローンシュミレーションは、「返済額の試算」、「借入可能額の試算」、「ローンの繰上げ返済」、「返済プランの比較」、「複数ローンの組み合わせ」、「住宅取得諸費用の試算」が可能です。例えば、返済額の試算では、「ご希望の借入額」、「ご希望の借入額のうちボーナス分」、「返済方法は元利金等か元金均等か」、「返済期間」、「金利タイプ」、「当初金利」、「第二金利」、「第三金利」、「融資手数料」、「保証料」を記入します。細かな設定をすることで、住宅ローンのより実際に近いシミュレーションをすることが可能です。インターネットにつながっていれば、特別なにも登録なども必要なく誰でも自動的に計算できますから24時間好きなときにいつでもローンシミュレーションの使用が可能です。また、借入可能額の試算では、年収から計算することもできますし、返済額から計算することも可能ですからとても便利です。

 

ローンシミュレーションの種類

ローンシミュレーションの種類には、沢山の企業が提供していますから、いろいろありますし、インターネット上で便利に使えます。例えば、最も多くて使う方が多いのは、住宅ローンのシュミレーションです。一番大きな買い物といえる住宅ローンですから、様々な視点・角度から試算してみてどのように購入すればよいか事前に考えておくべきです。ローンシュミレーションは、自動計算ですから特に会員登録なども必要とせず、数字を記入するだけで試算することが可能です。他には、消費者金融や銀行カードローンの返済試算ができるローンシミュレーションもあります。自分の給料でどれくらいの融資を受けてどれくらいの期間で返済できるのか、金利はいくら支払うことになるのかをシミュレーションしてみるのはとても肝心です。安易にローンを組んでしまう人ほど、返済が滞って支払い半ばで住宅を手放してしまったり、消費者金融の借入が支払えなくて債務整理や自己破産ということになりがちです。しっかり、返済計画を立てて、無事に払い終えるようにローンシミュレーションをしましょう。

 

ローンシミュレーションとは

消費者金融でお金を借りたり、マイホームローンを組むときになんとなく返せそうな金額で組む人はいませんよね。しっかりと、自分の収入と支出のバランスを考えてお金を借りたりローンを組むのが必要です。でも、金利や支払い金額を算出するのは、ちょっと面倒で難しいという方のためにローンシミュレーションが有効です。ローンシミュレーションは、ネット上で使うことができて、自分の返済プランを確認することができる便利なシステムです。いろんな返済プランを比較したり、借入可能額を試算することも可能です。住宅ローンのローンシュミレーションの場合には、複数ローンの組み合わせや住宅取得の諸費用の計算など、様々な住宅取得に向けたお金の計算が可能です。ローンシミュレーションとは、ボーナスからいくら支払って、毎月の給料からいくら支払うと何年で払い終わるのかということが容易に計算できる便利なシステムです。まだ実際に申し込みしなくても、試算しておけば、実際にローンを組む段階になって焦ることがありませんよね。もちろん、自動計算なのですぐに結果が分かるのも嬉しいです。

 

繰り上げ返済のローン試算

繰り上げ返済とは一体どのような返済方法なのでしょう。返済の際は毎月決められた額を返済するのが一般的ですが、繰り上げ返済とはこれとはまた別途返済を行うことで予定よりも早く支払いを終える返済方法となっています。前倒しして早目に完済することにより、払う利息を減らすことができるのです。ちなみに繰り上げ返済の効果はこれだけではありません。前述したのはいわば期間短縮型の繰り上げ返済だと言えるでしょう。もうひとつはさしずめ返済額の軽減を図る繰り上げ返済です。残り返済期間は当初の予定のままで、毎月の返済額を減らすという方法です。将来の収入減に備えるなど、完済までの期間を短縮するよりもさらに未来を見据えた方法だと表しても間違いではないでしょう。どちらの方法にもそれぞれメリット・デメリットがあります。このような繰り上げ返済に関する試算は、現在では多くのウェブサイトで行うことが可能になりました。もちろん無料です。所定の情報を入力することによってシミュレーションをすることができ、自分の立てた計画の裏付けをとったり考え直しの機会を得ることができます。

 

賢い借金の返済方法

借金の返済は、一番の理想で言うと最初に設定した返済方法をきちんと守って返していくのがいいのは当然です。もちろん最初はそのつもりで借金をし、地道に返済していこうとするのですが、途中で大きな事故が病気、その他の急な出費などによって返済がうまくいかなくなることだってあります。そんな時にまずできる方法としては、複数の借金がある場合に一つにまとめてしまうことです。いわゆる一本化というもので、返す金額は変わらないのですが、返済一か月あたりの金額を安く抑えることができます。現状では毎月の出費が追い付かないというようなときは有効です。ただし、その分返済期間は長くなりますので利子を考えると全体の返済金額があがることが多いのに注意が必要です。また、払いすぎている金額を返還してもらう過払い金返還請求というものがあります。借金返済に詳しい弁護士などに相談することで、自分が払いすぎている返済金額を返還してもらう手続きができることがあります。ただし、過払い金請求をした過去は新たに借り入れをしたい業者には黙っておきましょう。

 

融資を受ける場合には確実な返済を考える

まずは融資を受けることを決定する前にしなければいけないことがあります。当たり前のことですが、大きなお金を借りる場合は意外と具体的な返済プランの予測がつかないものです。毎月どのくらいの収入があるのか、そこからいくらの支出が考えられるのか。収入は「絶対に確実に入ってくる金額」を、支出は「余分に見積もる」というのが基本です。最小限いくら入ってきて、最大でもこのくらいの支出である、ということを予め具体的に書き出して計算します。そこから返済に充てられる金額を割り出しましょう。この前提をもとに、融資の返済プランを立てていきます。漠然と融資を受けるようなことだけは絶対に禁物です。この返済プランがしっかりできているか甘いかで、その先の人生にまで大きくかかわってくることもありますので、必ずやっておきましょう。もしも多めに収入がでた月があれば、使ってしまわないで貯金するか、多めに返済できればしておくことで返済期間を短くすることもできます。また、返済額は収入を得た段階で使っていいお金とは別にしておくことも大切です。