住宅ローンシュミレーションと諸費用

 

マイホームを購入しようと考えているとき、住宅ローンシュミレーションはとても便利です。インターネットにつながる環境でしたら、会員登録などは無く誰でも使えます。必要事項を入力するだけで自動で試算してくれますので、気になったときに真夜中でもすぐに答えを導き出すことができます。住宅ローンシュミレーションでインターネット検索するだけで、沢山の業者が提供している住宅ローンシュミレーションが見つかります。住宅保証機構株式会社の住宅ローンシュミレーションを例に挙げますと、返済額の試算を計算することが可能です。住宅ローンシュミレーションでは、借入可能額の試算もできて年収から計算したり返済額から計算することも可能です。さらに、住宅取得のための諸費用まで算出することができますから、「思っていたより出費が多くて大変だった」ということにならないようにじっくり検討することができます。例えば、住宅取得諸費用の試算では、税金・登記の費用、住宅ローンの他続き費用、印紙税、登録免許税などの合計がいくら掛かるかが、瞬時に分かります。マイホーム購入資金には、諸費用もしっかり入れておかないとお金が回らなくなるので気をつけましょう。
住宅購入ローン金利の選び方

 

住宅購入ローンを選ぶ際、重要になってくるポイントが金利の種類です。適用される金利や将来の金利に与える影響が異なるため、金利の種類により返済総額は変化してきます。住宅購入ローンの金利は大きく分けて3種類。まず1つめは固定金利型。全期間固定型と呼ばれる場合もあります。このタイプの金利を適用している商品として有名なのがフラット35です。借入期間中、契約時点で決められた金利が固定されます。中には、11年目以降の金利が10年間よりもアップする段階金利型もありますが、これも借入時にアップする目処が決められます。変動金利型のものよりも金利が高めに設定されているものの、毎回の返済額や総返済額が固定されているため、返済計画を立てやすく、金利上昇期へのリスクを最小減に抑えることが出来ます。銀行のローンで採用されている固定型の金利が、2つ目の固定金利選択型です。借入当初から金利が決まっているという点では同じですが、2年・3年・5年・10年・15年などと一定期間ごとの金利を固定します。期間を短く設けるほど低金利であったり、期間終了後に再度選択することも出来ます。1年に2回金利を見直し、直接的に金利変動の影響が生じるのが3つ目の変動金利型です。これは非常にリスクの高いタイプの金利と考えられます。将来的に住宅購入ローンの乗り換えが難しいのであれば、固定金利型がおすすめです。金利変動のリスクに対し、特定の期間のみ防止策をとるのであれば固定金利選択型を、借入額が少なかったり借入期間が短いのであれば変動金利型が適しているでしょう。
住宅ローンセンターとは

 

住宅ローンセンターとは、住宅のことなら何でも相談できる相談窓口です。住宅ローンセンターというのは、住宅ローンの取り扱いに力を入れている金融機関で、住宅ローンを専門に扱っています。最近では、住宅ローンセンターを独立した店舗として構えている銀行も多くあります。住宅ローンの問い合わせや申し込み手続きは、もちろん、住宅ローンセンターでは、住宅ローンに特化した情報を提供しています。その目的は、手続きの迅速化を図ることにあります。銀行窓口は平日しかあいておらず、時間も3時までです。非常に利用しにくい欠点があります。住宅ローンセンターの場合、平日5時以降も営業しており、土日には説明会なども行っています。住宅ローンを利用する人には、非常に利用しやすい利便性があり、住宅ローンセンターは、お客さんを迎え入れる体制がしっかりしています。住宅ローンに関する知識も豊富で、不動産取引の流れや不動産に関する知識も持ち合わせています。税金や契約関係の法律知識もあり、住宅ローンセンターには、高度な知識を持つスタッフがいるので安心感があります。
住宅ローンと必要なシュミレーション

 

住宅ローンを組む際には、必要な返済額を事前にシュミレーションしておくのが大切です。実際に住宅ローンを組む際に必要なシュミレーションにはどんな種類があるのでしょうか。「返済額の試算」は、金利などの一定の返済条件を入力すると、総返済額や毎月の返済額を試算することが可能です。「借入可能額の試算」では、年収や毎月の返済希望額から借入可能額を試算することが可能で、年収から計算したり返済額から計算することも可能です。「ローンの繰上げ返済」では、繰上げ返済した場合に返済額や返済期間、利息軽減額がいくらになるかを試算することが可能です。「返済プランの比較」も可能で、固定金利型と変動金利型などの返済プランによって返済額が異なるかを確認することも可能です。「複数ローンの組み合わせ」を行った場合に、総返済額や毎月の返済額がいくらになるのかも試算できます。「住宅取得諸経費の試算」では、取得する不動産の金額等に応じてどれ位の諸経費がかかるのかを概算で試算することが可能です。人生で一番大きな買い物といわれている住宅ローンですから、じっくり検討して成功させましょう。
住宅ローンのシュミレーション

 

住宅を購入する際には、大きな買い物ですから自分の収入に見合った住宅ローンの返済はどんな感じなのかを具体的に理解しておく必要があります。でも、自力で計算するのは複雑すぎますし、本当に計算があっているのかと不安にもなります。インターネットを使った住宅ローンのシュミレーションは、とても簡単で便利なので使ってみるのがお勧めです。もちろん、無料ですし、会員登録をしたりする必要も無く、後から何かの勧誘メールが来るなんて心配もありません。住宅ローンのシュミレーションは、住宅関係の会社のサイトでも設置してありますし、マイホームローンを取り扱う銀行のサイトにも設置されています。「住宅ローンのシュミレーション」と検索エンジンに入力すれば、沢山のシュミレーターが見つかるので自分が使いやすそうなのを選ぶと良いでしょう。数字を入力するだけでコンピューターが瞬時に月々の支払額などを計算してくれますから本当に便利です。まだ、なんとなくしか住宅購入を考えてない人から、近いうちに購入したいという人にもお勧めのシュミレーションです。自分でしっかり計算したつもりでも、諸経費なども忘れがちですから、住宅のプロが扱っている住宅ローンのシュミレーションを利用してみるのがお勧めです。
住宅ローンを金利で選ぶ

 

人生の中でも一番大きな買い物となりやすい、住宅購入。なかなか現金一括で支払いを出来る人はいないでしょう。長期的な返済となるケースがほとんどですので、気になるのはやはり金利の数字です。住宅ローンは審査などが厳しい反面、高額の融資で長期的な返済になるので、金利はキャッシングなどに比べると非常に低く設定されています。また、返済期間中ずっと同じ金利の固定金利や、借入をした銀行の業績などによって金利が変動する変動金利があります。契約時にどちらにするかも、大切だと言えるでしょう。ついつい低金利の住宅ローンを選択しがちなのですが、目先の金利に惑わされてはいけません。金利面が低くても保証料や手数料といった他のコストがかかってきてしまっては、結局高くついてしまいます。金利や優遇されるからと安易に選んでも、借り換えが簡単にできなくなっていたり、高額な手数料が発生するようなケースも存在します。繰り上げ返済にも手数料を設けているところもありますので、今後のライフステージの変化に伴う可能性も視野に入れ、金利も含めた様々な条件を比較して選択したいところですね。
住宅ローン借り換えの試算
住宅ローン借り換えの試算は自分だけで考えるのでは不十分かもしれません。分かる人には分かる問題ですが、一般的には自分だけで試算を行うのは苦労がいることでしょう。そんな時に利用したいのが、インターネット上で無料で利用できる住宅ローン借り換えシミュレーションです。このサービスは多くのウェブサイトによって提供されており、その提供元は銀行がほとんどであることから安心感もありますね。使い方は簡単です。所定の項目を埋めていくだけで、すぐに住宅ローン借り換えの試算ができてしまいます。計算方式などについても記載があると思いますので、自分のしたい試算ができないと気づいたら他のウェブサイトを訪れてみましょう。シミュレーションをしてみることで、漠然としか描くことができなかったかもしれない返済状況が分かりやすく目の前に現れると思います。ローンの返し方は人それぞれ、ある人にとって良い方法だったとしても自分にそれが当てはまるとは限りません。そこでこのような試算ができるウェブサイトを活用し、自分や家族にとってより良い方法を模索するのはとても有意義な行為だと言うことができるでしょう。
住宅購入ローンのチェックポイント

 

住宅購入ローンを選ぶ際、チェックすべきポイントがいくつかあります。購入する物件が決まったならば、ローンを組む前に頭金をいくら払えるのか考えてみましょう。例え3500万円の物件であっても、住宅購入ローンを利用すれば利息が上乗せされるため、総額費用は3500万円を超えてしまいます。頭金の金額により借入額が変化し、支払総額も異なってくるのです。最初に多く支払えば支払うほど、借入額は少なくてすみます。当然のごとく、毎月の返済額も少なくなります。しかし、返済期間を短くすれば利息の支払いも少なくなるのかというと、そうではありません。支払総額は返済方式によっても左右されます。ここでチェックしておきたいもう一つのポイント。それが住宅購入ローンの返済方式、元利均等方式と元金均等返済方式です。毎回の返済額は元金と利息の合計が同じになるように設定されるのが、元利均等返済方式です。返済当初は利息にあてられる割合が大きく、元金を減らすことが難しいものの、毎回の返済額が同じなので長期的な返済計画を立てやすいメリットがあります。一方、残高に対する利息を、返済回数で割り出した借入元金に上乗せして返済するのが元金均等返済方式です。毎回、一定の元金を返済していくことが出来ます。なので、ローン残高を確実に減らす事ができ、総合的に支払う利息も少なくなります。元金均等返済方式のほうが、メリットが大きいようにも思えますが、支払い当初の負担も大きくなります。長期的な返済を考えるのであれば、元利均等返済方式が適している場合もあるのです。このように、住宅購入ローンのチェックするポイントは、長いスパンで考える必要があります。
住宅購入ローンの種類

 

住宅購入の際、利用できる住宅ローンは大きく分けて3種類あります。まず、最もポピュラーなのが民間融資に分類される各銀行の住宅ローンです。各社ラインナップは豊富で、所定の条件を満たすことで受けられるサービスなどもあります。ネット完結型の手続きを採用して手数料などの諸費用を抑えたもの、自社や提携会社のサービスと連動して様々な特典を設けているものもあります。このような民間融資は、店頭金利よりも低い金利が特徴もあります。次にあげられるのが財形融資や自治体融資などの公的融資です。勤務先で1年以上財形貯蓄を行なっている、残高が50万円以上ある等の条件を満たしていれば財形融資を利用することが出来ます。都道府県や市町村により、独自の制度を設けているのが自治体融資です。民間融資、公的融資の中間に位置する住宅ローン。それが協調融資です。住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われるフラット35が代表的です。フラット35が利用できる物件には規定があるものの、長期間変わらず、銀行よりも低めの設定となっている固定金利が魅力でしょう。このように住宅購入ローンには数種類あります。返済シュミレーションを考慮した上で、自分にあったものを選びましょう。

 

 

 

借金返済をシュミレーション(無料・ネット完結)!弁護士に相談する前にココで!
トップページへ戻る