ローン一本化に向かない人

 

ローンの借入件数が多くなってしまった人にとって、さまざまなメリットがあるローンの一本化ですが、それに向かない人もいます。そもそも、ローン一本化のメリットは、月の返済を明確し、完済しやすくすることが目的です。現在利用しているローンの中に低金利で借入ができる商品がある場合、ローンの一本化をしなくても済む場合があります。では、低金利で借り入れをしている会社にローンの一本化のために利用金額の引き上げの交渉するとしましょう。その増額希望の審査が通れば、他の借入を返済することができます。さらに、ローンの一本化と比べて利息や支払い金額などで有利になることがあります。ローンの一本化を他の金融機関で行う方が得になるかは、よく検討することが必要です。ローンの一本化ができ、返済が開始したら新規の借入はやめましょう。ローンを一本化することで、借金が少なくなったと勘違いしてしまうことがあります。まとめただけで、借金自体は少なくなっていません。ローンをまとめ返済しやすくした以上、最後まで返済を続けること、新規のローンは組まないと考えられない人は借金地獄に陥る可能性があるのでローンの一本化は向かないでしょう。
ローン一本化の手順

 

ローンの1本化は条件が厳しく、審査に落ちる人が多いと言われています。申込みの仕方によっては、借りられるはずのものが借りられない場合もあります。そのため、ローンの一本化には正しい手順を踏む必要があります。まず、現在の借入先と金額をチェックしましょう。例えば、A社150万、B社50万、C社30万、D社20万の計250万の借入があるとします。最初に借入先の中でまだ借入可能額が空いているものがないか調べてみましょう。例えば、C社であと20万円借りることができれば、そのお金でD社の返済をなくすことができます。このようにローンの本数を減らすことがでるかどうか調べてみましょう。ローンの本数を少なくすることができてから、ローンの一本化の申込みをしましょう。このとき、低金利で、すべての借入金額分を借りることができる会社で申込みを行いましょう。そして、このローン一本化で重要なのが、従来のローン会社に対して行われる元本の一括返済の証明です。現在では、多くのローン会社が直接従来のローン会社と交渉して代理で一括返済を行うことがほとんどです。証明を行わないと一括返済を求められることもあるので、事前に問い合わせておくのがよいでしょう。
ローン審査での信用情報センターの役割

 

ローン審査での信用情報センターの役割というのは、非常に大きなものがあります。ローンの審査では、必ず信用情報センターへの照会があります。信用情報センターの情報には、ローンの利用残高、返済履歴、クレジットカードやショッピングクレジットの返済記録があります。また、延滞や債務整理などの情報もあります。最近では、業者が顧客全ての信用情報が見れるよう、指定信用情報機関間での情報交流が行われていてがっちりスクラムが組まれています。ローン審査での信用情報センターの役割は、顧客についての信用情報を確認することにあります。つまり、融資をしても大丈夫かどうか判断するわけです。顧客についての信用情報については、まず金融会社は、ローンの申込みがあった際、信用情報センターでチェックするようになっています。そこでの情報を確認して、融資をしても問題がないかどうかを決定します。信用情報センターに登録されている情報に問題があると、ローンの申込みをしても審査にパスできなくなる可能性があります。心配な人は、事前に、過去のローン利用履歴が残っているかどうか、信用情報センターに直接開示請求するとよいでしょう。
ローン特約の注意すべき点について

 

マイホームを購入する際には、契約の際に必ずローン特約を交わします。まずはマイホームを購入する際に、契約が先でローンを組むのが後になることもあります。マイホーム購入の契約とローン契約が同時期に同時進行されることもあります。でも、新築のマンションなどは契約から半年や一年経ってからの入居になるために、ローン契約を同時にするには早すぎるのです。そのためにローン特約を組んでおく必要があります。ですから、ローン特約の注意すべき点は、もしもローンが組めなくてマイホーム購入の話が流れてしまったときの約束事です。マイホーム購入の際には、手付金を支払いますが、もしもローンが組めなくてマイホーム購入を断念する際に、支払った手付金をしっかり戻してもらえる約束をローン特約でしておきましょう。ローン契約の際には、金融機関名と金利、返済方法をはっきりさせておくとトラブルになりにくいので大切です。ローン特約のことを知らなかったでは、済まされませんよね。マイホーム購入は、大きな金額が動くので失敗の無いように知識を身につけて慎重に話を進めていきましょう。

 

学生ローンとは

 

教育ローンの場合、銀行などの金融機関が学生の保護者を対象に、学費や教育関係経費の使用を目的とした融資を行います。これに対し、学生本人への資金援助を目的とした消費者金融による融資を学生ローンと言います。一般的に消費者金融が融資を行う条件として、健康保険証または免許証等の提示による本人確認を要求します。20歳未満の未成年、定職による収入のない学生は融資の対象外として門前払いされてしまいます。しかし、18歳以上の学生であれば消費者金融の融資を受けられるのが学生ローンなのです。2010年に施行された改正貸金業法の総量規制により、年収の3分の1を超える貸し付けは禁止されたため、融資の限度額を50万円以下と設定しているところがほとんどです。学生ローンを利用したいのであれば、学生証を健康保険証または運転免許証等の身分証明証を用意しましょう。けれども、学生であれば誰でも借りられるというわけではありません。18歳以上であるのは当然のこと、総量規制があるため、一定の収入があることも条件のひとつです。パートやアルバイトであっても、収入があれば審査を通過でき、手続きを完了して学生ローンを利用できるでしょう。
学生ローンのポイント

 

学生ローンとは、学生を専門に対象とした融資を行う貸金業者です。大手の銀行や消費者金融が融資を行う場合、対象者を制限しています。そのうちの最低条件として、20歳以上であること、定職につき安定した収入を確保していることなどがあります。つまり、アルバイトでお金を稼いで学業に励んでいるような学生の場合、申込時の審査を通過しにくく、融資を受けることは難しいでしょう。しかし学生ローンは、18歳以上であれば貸付業務を行なってくれるということがポイントです。もちろん、申込時に必ず審査が行われます。審査が緩いというわけでもありません。あくまでも、最低条件を18歳以上の学生であればいいという設定に、総量規制の範囲で貸し付けが行えるのかどうか、返済能力があるのかどうかチェックされます。数千人の社員を抱え、メディアや広告でも頻繁に目にする大手銀行や消費者金融が学生対象の融資サービスを行なっている場合もあります。学生ローンを専門にしている小会社もあります。どちらも相応の利息が発生するようになっているため、融資の上限額や返済方法等、他の要素で比較して業者を選ぶといいでしょう。
学生ローンの審査

 

学生ローンは18歳以上の学生を専門に対象として融資を行なっているため、申込時に行われる審査の基準も緩めに設けられています。とはいっても、必ずしも審査に通過するわけではありません。学生であっても、貸し付けサービスを提供するにあたり、返済能力の有無が問われます。なので、一般の消費者金融や銀行と同様に、審査では一定の収入があるのかどうかを調べます。たとえ収入が乏しくても、それに応じた貸付金額であれば審査を通過することが出来るでしょう。そのためには、勤続年数も重要なポイントとなってきます。収入の額よりも、勤続年数により返済能力の有無が判断されるといっても過言ではないでしょう。少なくとも半年以上、アルバイトであっても勤続年数を確保している必要があります。すると、安定した収入がある者として判断されるのです。たとえアルバイトであっても、やはり離職率の高い職種は審査でマイナス要素となってしまうこともあります。一般の審査でも、リストラや倒産のリスクが少ない公務員などの職種が審査を通りやすいと考えられているように、リスクの高い職種は、安定した収入が得られないと捉えられてしまうのです。このような事を総合的に考えた結果、自分の返済出来る範囲で融資額を希望すれば、学生ローンの審査は通過しやすくなるのです。
ローンの一本化とは

 

借入件数が多くなりすぎて、ローンの返済が追いつかなくなった時には、増えたローンを一本化するという方法があります。おまとめローンと呼ばれることもあり、他社借入件数を一本化してローンを作り直すというものです。複数のローンを組んでしまった場合、決められた返済期日が金融機関によって異なることも多く、管理が難しく忘れてしまうこともあります。もし返済期日が過ぎてしまうと延滞利息がかかってしまうため、より家計を圧迫してしまいます。そのため、ローンを一本化することで月の返済日をわかりやすくするだけではなく、延滞金などの支出を回避することができます。さらに、金利の低いキャッシングローンで一本化することができれば、返済総額を減らすことができます。また、月1回の返済にすることで月の返済額を減らすころもできます。このようにローンを一本化することによって、毎月返済に充てる金額が明確になり、最終的に返済額を減らすことができるのが大きなメリットです。ローンの一本化は返済が困難な状況を改善することで完済しやすい状況にしていくことができます。
ローンの借り換えと担保評価

 

住宅ローンの借り換えをするに行われる審査は、新規での契約時に比べ基準が緩く、通過しやすい場合もあれば、状況によって一段と厳しくなる場合もあります。しかし、審査に通らず借り換えが出来ない結果となってしまう方も少なくありません。なぜ、借り換えが出来ないのか。なぜ、審査に落ちてしまうのか。金融機関で行われる審査で対象となるのは、まず、申込者の信用度です。安定した収入があるか、それによる返済能力があるのか、過去に借金に関するトラブルがなかったかどうか。これらの要素を中心に情報を集め、融資してもいい人間なのかどうかを判断します。しかし、審査対象は信用度だけではありません。ローンの借り換え審査を通過出来ないケースで1番に考えられる要因が、担保不足によるものです。審査では、信用度の有無に限らず、担保評価が行われます。不動産を売却しようと思うならば、外観や庭の状態、内装の状態により価値をあげられるかもしれません。けれども、ローンの借り換えに伴う審査の際、金融機関で行われる担保評価には独自の基準が設けられています。見栄えの良い物件、庭が広くてキレイな不動産であっても、金融機関による担保評価が低ければ、審査を通過することは出来ないのです。担保評価により与えられた不動産の価値がローンの金額を下回る場合、借り換えの申し込みを断られてしまうのです。担保評価は、建物を施工した会社、仲介不動産による影響も受けます。また、自己資金をいくら投資したかによっても大きく変わってきます。ローンの借り換えを考えているのであれば、担保評価についても調べておくといいでしょう。
ローンの特約とは

 

マイホームを購入する際にローンの特約という用語が出てきますが、初めてのことだとなんだかよく分からないですよね。ローンの特約とは、不動産を購入する際に、買主が売買代金を金融機関から融資を受ける前提で売買契約をする際に交わす約束事です。マイホーム購入の契約をする際に、まだローンは組み終わっていないけれど、ローンに申し込みをして通ったことを見越して契約するということです。しかし、結局、必要な金額のローンが組めなかったということになった場合に、ローン特約を組んでおけば、手付金を返還してもらうことも可能です。ローン特約をつけるのは、融資申し込み金融機関、融資金額、融資が承認されるまでの期間、融資が承認されなかった場合の対応策という風に具体的に約定しましょう。特約をつけるということをせずに、契約を交わして結局、融資を受けることができなくなった場合には、手付金が戻ってこないということが考えられます。マイホームは非常に大きな買い物ですし、頭金も大きな金額ですから購入する側のリスクを回避するために、ローン特約をつけましょう。
ローンを組む時に必要になる人的担保

 

ローンを組む時に必要になるのが人的担保です。これは、ローンを組む際に大事なもので、人的担保があるからこそ、大口の融資を受けることができるのです。また、返済にかかる期間を延ばすことができるわけです。人的担保というのは、保証人などをつけてローンを利用することを指し、返済が厳しくなった場合、保証人が肩代わりします。連帯保証人や連帯債務者も人的担保に該当します。人的担保があるとローンは借りやすくなるのですが、安易な気持ちで融資を受けてはいけません。そうすると早い段階で返済に行きづまる可能性があり、人的担保は100%保証するものではありません。なぜなら、保証人になった人の信用能力は、日々、変わっていくからです。時が経過すると人の信用力は変わるので、人的担保に普遍性はありません。いざ債務者が返済できなくなった場合、人的担保の保証人に財力がなかったというケースもよくあります。人的担保は、長期返済においては確実に返済されるものではないと言うことを認識しておかなくてはなりません。基本的に、人的担保では、保証人になった人の信用能力が審査ではかなり重視されます。
ローンを利用するには担保が必要

 

ローンを利用するには基本的に担保が必要です。担保というのは、融資を受けた場合で支払いが困難になった時、お金の代わりに、債権者に差し出す土地や建物を指します。カードローンでは、担保は必要ないのですが、限度額が高額になるとさすがにカードローンでも担保が必要になってきます。土地、建物が担保になることが多いのですが、貴金属などを担保とするケースもあります。自動車ローンなどの場合は、自動車そのものが担保になります。担保を必要とするローンを利用する場合、返済出来なかった時は、担保として用意した物が取られることになります。土地や建物を担保としている場合、その物が債権者に取られます。担保があれば、低金利で優遇されたり、多額の借入ができたりなどのメリットがありますが、返済できないと大切な財産を失うことになります。一昔前までは、担保がなければお金が借りられないのが普通でした。しかし今では、無担保ローンがあります。これは担保がいらないローンで、保証人も不要です。担保があれば担保が必要なローンを利用する方が安心なのですが、担保がなかったとしても心配することはありません。担保や保証人が不要のローンを利用すればいいのです。
レディースローンで女性がお金を借りるとき

 

女性でも安心して借り入れが出来るように考えられた新たなサービス。それがレディースローンです。女性による女性のための借り入れ方法といえるでしょう。借り入れ時の申し込みや手続きは、全て女性スタッフが対応してくれます。男性に対応されるのが苦手という方でも安心し利用できるサービスとあり、レディースローンは多くの女性から支持されています。色々な業者がレディースローンのサービスを提供しています。中には、来店不要の手続きで即日審査も可能、借り入れから返済も全て、パソコンや携帯からインターネットで利用できるところもあります。しかし、レディースローンだからといって、女性ならば審査に通りやすいというものではありません。一般のサービスと同様、審査基準は変わりません。総量規制により年収の3分の1以上の融資は禁止されているため、女性で合っても主婦であっても、パート等による安定した収入があることが条件となります。金利が安くなる、融資額が多くなるなどもありません。あくまでも、女性でも契約しやすいようにと設けられたサービスです。もしもパートやアルバイトによる収入がない、専業主婦の方の場合には、総量規制の対象外である銀行での借り入れをおすすめします。
30日間無利息のカードローン会社

 

数あるカードローン会社の中には、30日間無利息でお金を借りることが出来るサービスを実施ている会社がいくつか存在します。借りてから30日間の内に返済をすれば金利が必要ないわけですから、お金が手元に入ってくることが確実であれば、とっても便利でお得なシステムです。大手のカードローン会社であるアコムやプロミス、新生銀行カードローンのレイクなどが30日間無利息サービスを実施しています。初回利用限定であったりポイント会員になる必要があったり、契約からの換算であるなどそれぞれに細かな利用方法が違いますので注意が必要です。それでも、無利子で借りられるのであれば、急な出費でどうしても現金が必要、必ず給料日には返済できる。といったケースなどでは非常に役立ちますね。新生銀行カードローンのレイクに限っては、新規の人に対して5万円までという上限はありますが、180日間無利息とったサービスも実施しています。180日となると単純計算で約6か月ですので、次のボーナスをアテにして借入をする人もいるかもしれませんね。ただし、無利息でも借金は借金です。計画的な返済が出来ることを忘れないようにしてくださいね。
自動車ローンの金利について

 

自動車を購入する際、現金での一括払いが出来るのであればその方が手数料や金利を支払う必要がなく、車の代金だけを支払うので一番ムダがありません。しかし、車の価格によってはローンを組まなければ支払えない。ローンを組んででもその車を購入したいと考える場合もあるでしょう。車のローンを組むときには、契約をしたローン会社の定める金利が車代に上乗せされていきます。ディーラーなどが期間限定の低金利キャンペーンを設けている場合もあるので、そういったサービスを上手に利用すると、総支払額がかなり節約できることもあります。同じ車を新車で購入するのであれば、キャンペーンのタイミングも注意したいところですね。最近では少なくなりましたが、金利0%キャンペーンといった太っ腹なものも存在します。ディーラーなどで購入する場合は、そのお店で提携してるローン会社で契約をすることで、金利が優遇される仕組みが多いようです。銀行などで一度車代をすべて借りて、一括で購入し、銀行から借りた分を返済していく方法などもありますが、その場合にはお店の設定してる金利よりも高くなってしまう事もあるので注意が必要です。
親子ローンとは

 

皆さんは親子ローンと言うものを聞いたことがあるでしょうか。親子ローンとは文字通り、親と子供でローンを返済することで、主に住宅ローンに使われることが多いローンです。つまり一軒の家を親と子供でローン返済していくということです。住宅ローンは何歳で利用し始めたかで限度額や返済金額に大きな影響を与えます。年を取れば年を取るほど返済期間が短くなるので月々返さなければならない返済額もそれに合わせて高額になってしまいます。そうならないために子供とローンを組んで、親子二代でゆっくりと返していけるのが親子ローンのメリットになります。ですので、親子ローンを組むときは、二世帯住宅の場合であるときや、同居する場合に利用する人が多いようです。そのためか子供を利用して家を建てようとする親もいるそうなので、後々に家族でもめることになってしまわないためにも、しっかりと親子で話し合いお互いが納得したうえでローンを組むようにしてください。絶対に家を建てたいという理由だけで無理やり親子ローンを組むのは避けてください。お互いに無理なく返済していくのが本来の親子ローンなので、そこを履き違わないように注意していきましょう。

 

 

借金返済をシュミレーション(無料・ネット完結)!弁護士に相談する前にココで!
トップページへ戻る